医療情報:新型コロナウイルス(COVID-19)関連情報、まとめ - 2020.03.22(04.01更新)

[1] 新型コロナウイルス感染症対策専門家会議「新型コロナウイルス感染症対策の状況分析・提言」(2020年3月19日)
https://www.mhlw.go.jp/content/10900000/000610566.pdf


[2] 2019-nCoVについてのメモとリンク
http://minato.sip21c.org/2019-nCoV-im3r.html

[3] 専門家会議の「クラスター対策」の解説 ――新型コロナウイルスに対処する最後の希望
https://note.com/kyoshimine/n/n6bf078a369f9

[4] 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)について。 No.8
https://note.com/prof_a_hill/n/nf20d5fdb61f0


[5] 新型コロナのオーバーシュート(感染者の爆発的増加)を起こさないために我々にできることは?
https://news.yahoo.co.jp/byline/kutsunasatoshi/20200322-00169120/


[6] [PDF]COVID-19への対策の概念 (わかりやすい概念の図)
https://www.jsph.jp/covid/files/gainen.pdf



※ 過去に H1N1-2009pdm で行ったように、今後、状況に応じて加筆、修正の予定。

映画「天気の子」観ました。

特にネタバレはありませんが、何を選択しますか? の問いかけがなかなか怖い映画でした。

なお、少しびっくりする人がカメオ出演してますが、と言う事は、今回の二人の選択の結果は、彼らにも及んだという事なのだろうか。
そこの部分は、ちょっと心配、かなあ。ちょっぴり...暗い映画でしたね。

、そして最大の敵は相手を理解しない事。

悪意でないのなら、 - luckdragon2009’s blog(日々のスケッチブック) の続きで、一応の結末。
人が幸せになる道があるとしたら、 - luckdragon2009’s blog(日々のスケッチブック) から始まった記事ですね。

色々と書きましたが、結局の処、一番大事なのは相手の状況を理解するかどうか、だと思う訳ですよ。

相手と出会い、共に歩むか、もしくはそれを選択しないのか。
酷い事には、出会いの中には、選択すべきではない選択肢を選ばされる状況も発生するので、意外にそれは困難な道にもなる。
後者の発生などはまさに「相手を理解しているかどうかが肝」なのですよね。

多分、既婚者の妙な接近などは、本人がちゃんと望んでいるのは何か、を見ずに、自分の望むものを相手に要求するから、そういう奇妙な遭遇になってしまう訳で*1*2

人生相談、特に恋愛事情の相談などは、相手と価値観と言うか、その時の望んでいるものが一致している、もしくはそれを理解できている人に対してでないと適切な回答は返ってこないよ、と言われます。
そうではない場合は、相手の押し付けたい価値観の回答が返ってくるだけで、自分が望んでいる解決への適切な手法が示されるわけではない*3

人と一緒に幸せになりたいのなら、ちゃんと自分を理解しようとする人、ちゃんと会話が成立する人を探していくしか、道は無いと思います。

私は普通の会話が出来る人を一番大事にします。それには、そんな理由もあるのです。
相手の言葉をちゃんと理解しようと努める事、私はその行為が一番好きですし、大事にしたいと思います。

*1:非婚者の求める異性、もしくは恋人の居ない誰かが求める隣人は、どう間違っても、自分は固定的な相手を持ちつつ、余剰なオプションとしての相手の座を用意される事ではないでしょう。でも、そうではないものを強いるというのは、相手の不利な立場を利用して、自分の都合の良い立場を押し付けている事に他ならない。ちなみに、これは既に書いた通り、男性の専売特許ではなく、女性も普通に行ってくる。勿論、行う人は限定されるが、私が遭遇するぐらいには普通に存在するらしい。

*2:相手に詰めてみると、本音が分かるので、本当は早目にそれをすべきなのだが、弱気な時はなかなか出来ない。多分、それが狙いなのでしょうけど。

*3:自分が困っている事情の答えが正しく返ってくるか、もしくは違う回答が返ってきたとしても、続きの会話で自分が求めている回答も返ってくる、というのが普通の会話です。それが返ってこないなら、相手は自分と同じ問題点への視点を共有していません。

悪意でないのなら、

人の悪意を振り払う気持ちも、 - luckdragon2009’s blog(日々のスケッチブック) からの、さらに続き。
前章では、悪意での出会いの話をしました。


特に後半についての話ですが、例え既婚の異性で距離を詰めがちな出会いであっても、若干自己の感情が重なっているだけで、本人には悪意というか、相手を騙すつもりがない場合もあります。

単純に話し相手と言うか、友人を普通に得たい場合もあって、ただ、そういう場合には誤解を防ぐ意味からも、自らが既婚であったり、恋人と一緒の生活をしている、と言う事を早期に相手に教えておいた方がいいのでは、と思います。一番良いのは自分のパートナーと一緒に相手と会話を始める事ですが。

パートナー自身と不仲であったり、何らかの理由で相手と共に他人と出会えない場合*1は、自分が出会う相手にのめり込みがちな部分をちゃんと頭の片隅に置いておいた方が良いと思う。
私も相手の気持ちにある程度沿いたいとは思うけど、流石にあまり危うい行動まではフォローできないので*2

私自身は、やはり非婚で固定的なパートナーが居る状態ではないので、そちら方面での自分の相手を見つける事を行動の傾向とはしていますが、その行動を邪魔しない配慮があるのであれば、ごく普通の会話の相手をするのは、特に問題は無いです。

*1:連れ合いが遠隔地に出張中ということもそれなりにあるでしょう。

*2:人のそういう気持ちに付けこむことは経験的にないけど、やはりそういう場合、観察していると行動が危うく見える事はある。

人の悪意を振り払う気持ちも、

人が幸せになる道があるとしたら、 - luckdragon2009’s blog(日々のスケッチブック) からの続き。
前章では、人が幸せになるために隣人を得るにはちゃんと会話をする事が大事だよ、という話をしました。


純粋に人が善意のみで行動するなら、それだけで良いのですが、長く人生を歩んでいるとそうでも無いことに気づきます。
会話の言葉に嘘が無いか、もしくはなかなか分からない部分に不誠実な事実がないかどうか、それを確かめる事も大事になってきます。

これは悪意あるケースの中でも出会う確率が一番多いと思うのですが、何の気なしに出会い普通に会話した後、相手の意図が特定商品の販売だったり、詐欺的行為だったり、宗教や政治的な勧誘だったり、という事が判明したりする場合があります。

出会ったばかりでは、相手の情報をあまり知らない事が多いので、そういう事態に陥る事もそれなりにあり得ます。相手の情報を周囲の人から得る事が出来ていた場合には識別し、そういう相手を排除することもできますが、そういう相手は巧妙に不利益な情報を隠していたりします。
悪意ある人間がある程度は居る事を考え、最低限のチェックをしておいた方が、そういった問題の発生を未然に防ぐことが出来るかも知れません。

相手と出会ったばかりで、相手の美点が沢山見えていた場合、特に異性で魅力的であった場合などは、そういう情報を得てもすぐに気持ちを抑える事が出来ない事もあるかも知れませんが、そこでちゃんとそういった「作為的な出会い」から逃れた方が、人生を不幸にしません。
人生は思うほど長くないので、そういった嫌な出会いはあまり長引かせない方が、後の人生を悪くしません。


これ以外でも、それなりに年齢を重ねた後の出会いで良くあるのは、ひとまず私自身の属性として未婚である前提の出会いの話をしますが、相手が既婚であった場合の話*1があります。

これも最初から相手が明確にそういった属性を明示していればいいのですが*2*3、そういった属性を意図的かどうかは分かりませんが明示しないままに距離を詰めてくる人もいて、結構怖いです。

先日も、やたらとまとわりついてくる女性が居て、そんなに悪い気持ちはしなかったのですが、よくよく確認すると既婚である事が判明し、どういう意図で近づいてきているのだろうかと、気分が悪くなってしまいました。

私自身が既婚か未婚かは確かに明示していなかったのですが*4、本人は自身が既婚である事は当然ながら分かっている訳で、どういうつもりなんだろうと考えてしまう訳です。
その程度は既婚者でも行動的に構わないと考えたのか。

私の個人的な感覚で考えた時には、少々距離が近すぎると思いましたけどね。だって、鼻を鳴らすような声、というか呼吸音を出しているのですから。既婚者であると判明した時に、少々びっくりしましたよ。私の方から距離を詰めてなくて良かったな、と。

彼女が勝手な行動をしている分には構わないですが、それが原因で彼女の配偶者に誤解されるのはちょっと勘弁です。
さしたる仲でもないうちに妙な誤解されて、血の気の多い奴に刺されでもしたら笑い話にもなりません。
...ほんと、これ「笑う処じゃない」よね。まじで笑えないです。

私の場合はその程度で済んでいる*5のですが、世の中には本当に既婚である事を隠し、不倫の間柄になってから、事実を曖昧に提示する悪意ある人も居て*6、話題となるのは男性が女性を騙すケースが多いようですが、もちろん女性が騙す事もあるようで。某有名人で話題になったのは女性でした*7
そういった内容も恋愛での出会いには気を付けなければならないですね。

いずれにせよ、そういった悪意の方向からの相手の情報のチェックもしなければ、出会いを幸せな方向にもっていけないのは哀しい事ですが、この方向からの考察も大事な事です。
相手への好意が大きい時には、なかなか思いつくのも難しいとは思います*8が、相手と自分の仲を大事に思うのであればやはり一度はやってみなければならないでしょうね。

*1:そこまで明確でなくても、最近だと既婚ではないが同居、つまりは同棲している異性が居たりする場合も。

*2:ここで結婚指輪の話とかをしだす人が居ますが、あれは意外に視認が難しかったりします。おまけに既婚なのにしてない人が意外といる。まあ、指輪のサイズがあわなくなったから、という場合も多いので、総てに作為を考えてもいけないのですが。

*3:後、当然ながら法律婚ではなく同棲なら、してません。結婚指輪の左手の薬指の位置ではなく、右手にしてたりしますが。

*4:先ほどの話ではないが、当然ながら指輪はしていないので、注意して確認すれば未婚である事の確認はできる。そもそも、私は聞かれればその程度は回答するので明確になる。そういう部分は曖昧にしたりはしないので。

*5:私はさほどモテる人ではないと思います。それでも、そういう事が起きるというのは少し驚きます。何か倫理的な規範が違うのだと思います。なお、こういう行動に本人の容姿はあまり関係ないかも。かなり美しい女性の場合も居ましたので。多分、原因は精神、心理的な部分にあると思う。

*6:もしくは既婚である事を示しながら相手との不仲を示唆するケース。これなんかは「それなら別れてから付き合えよ」と思うのですが、そういう事はしない。その点で将来の不幸な道が示唆される訳ですが。人の感じ方次第かも知れないですが、私は腐臭を感じてしまいます。

*7:特に話題にするつもりもないので実名はあげません。

*8:相手が隠している同棲相手の存在をチェックするのはそれなりに難易度が高いとは思いますが、そこら辺は相手の身辺確認のような感じでやってみるしかないのでしょうね。

人が幸せになる道があるとしたら、

人が幸せになる事と言うのは、なかなか難しくて、なかなか簡単には言えないのですが、とても重要な事として隣人や友人や恋人の存在があります。

そこで重要なのはやはり、ちゃんと会話して、相手を理解していけるかに尽きると思います。

それは何のことは無い、ちゃんと理解できない事は相手に聞いて、分かったつもりにならずに、相手を分かろうと努める事でしょう。
分かったつもりにならない、というのは相手との確認に至らなければ判断を留保しておく、という事でもあり、それがちゃんと相手に聞く→正しい理解に繋がっていく、という事でもあります。

そこで、分からないのに相手の解説やら評論に至ると、理解に至ってないのに勝手な像を作る事になるのだから、何かが生まれたつもりで、何も生んでいない事になります。
何故か、その状態で延々相手との会話に至らないまま、評論を続ける例を見ると、多分、この人は相互理解などはしたくないのだなあ、と思います。

勿論、大きな壁があって理解を妨げてしまっている事はあるし、それが永続的なものとなって、永遠に理解不能の状態になってしまう事はあります。それが努力した結果であるなら、仕方がないと思います。

問題は努力した末でもないのに、そんな状態かどうか、という事にあります。努力していないのであれば、理解した隣人が居ないのは当然の事とも言えます。そういう人には私は同情しません。会話の無い、自らの行動が招いた道だと思うから。

ちゃんと、人と出会い、幸せになる道があるとしたら、ちゃんと会話をして、常に相手を理解しようと試みる以外の道は無いのです。