報道機関は、何故「新型コロナウイルス感染症対策アドバイザリーボード」と言わないの?

報道機関の記事表現が不思議

某所*1で、話題になったので調べてみたのですが、報道機関が各所で「政府に新型コロナウイルス対策を助言する専門家の有志*2」とか言っている集団は、いわゆる「新型コロナウイルス感染症対策アドバイザリーボード」の事ですね。


読売新聞では「政府の新型コロナウイルス対策分科会の尾身茂会長など専門家*3」となっていて、一番正確な表現と言えなくもないが、読売以外だと、朝日「新型コロナウイルス対策を政府に助言する専門家の有志*4」、時事*5でも同様。

読売の記事では、記述の修正を行った事も書かれていて、下記の表現になっています。

20日に開かれた厚生労働省の助言機関の会合で配布された原案では、「若者には検査を実施せず、症状だけで診断することも検討すべきだ」としていたが、公表された提言では、この文言は削除された。

https://www.yomiuri.co.jp/national/20220122-OYT1T50030/



実際の文章はここに。

記事の写真に「厚生労働省専門家組織の脇田隆字座長」と書かれていたので、検索で探し回ったのですが、組織名で言えば「新型コロナウイルス感染症対策アドバイザリーボード」と言う事ですね。

写真のタイトルに若干書かれているとはいえ、「助言する専門家の有志」みたいな曖昧な言葉で書かれていると、どんな組織?とか思うので、もうちょっと言い方を考えて欲しい。


この文章は、サイト新型コロナウイルス感染症対策アドバイザリーボードの資料等(第66回~)にある、ジャンプ先 オミクロン株の特徴を踏まえた効果的な対策(令和4年1月21日公表) にある資料文書「オミクロン株の特徴を踏まえた効果的な対策」ですね。


実際の表現はこんな感じ。p.3

(3)医療提供体制の確保
〇高齢者や基礎疾患のある人の医療を確保する必要があり、さらに、新型コロナウイルス感染症以外に対する一般診療も同時に両立すべきである。
〇このまま、感染が急拡大した場合には、外来医療の機能不全を防止するために、若年層で重症化リスクの低い人については、必ずしも医療機関を受診せず、自宅での療養を可能とすることもあり得ると考える。

https://www.mhlw.go.jp/content/10900000/000885350.pdf

元々の提言を読みたい人もいるのだし、提言を行った機関名、実際の発表文章も明記して欲しいと考えます。私のように推理して、ここにたどり着ける人だけとも限らないのだし。

COVID-19 に対する近況(2021.06)と、心理的考察の雑感

私は東京駅近郊勤務(twitter では若干書いてたりするが)なので、リモート以外で外出するのはそのエリアのみ、なのですが、勤務者や休日出勤時の観光客*1を見る限り、かなり感覚はゆるゆるのようです。
平日に建物の入り口で、携帯電話にてマスク外して話していたりもしますので、本人が感染者なら、通りがかった人は野外でも既に危ないでしょうね。デルタ株あたりだと感染力はかなり強力なので。


皆さんは知らないのかもしれませんが、行動に対して、生命に関する抑止(コントロール)が必要となる疾患患者は、生活習慣病や遺伝子関連疾患、そのほかにもいっぱい居て、日常に緊張感をもって、自らの行動を律しています。
私も、医療関連の仕事をしている経験上、その情報、そういう患者さんが気をつけて日常の行動を律している事を知っています。
そういった人たちにとって、COVID-19 というのは、行動制約の要因の一つではあるが、日常的に発生する行動制約の一つ、として捉えている人が一般的なのではないかと思います。

COVID-19 が無くなっても、発生する前の制約に戻るだけ、という人たちです。


COVID-19 が発生した結果の行動制約に対して、色々不平を言う人たちは多く目撃しますが、それは、所詮、他人から言われて従っているだけで、元ある疾患から日々の行動を制約されている人のように、自らの身体が脅威にさらされるから、ではない、からなのでしょう。
他の理由からの可能性もありますが、自らの身体が脅威にさらされている、とは思わないから、という部分は正しいのでは。

...だから、後遺症で苦しむようになった時に「こんな筈じゃなかった」という感想を漏らす事になる訳です。まさか、後遺症でこんなに苦しむようになるとは思わなかった、と。


冒頭で、東京駅の話を書きましたけど、これ、別にその地域に限った話ではないですね。
観光地や、多くの人が集まりやすい場所だから、という訳でもなく、普段の日常生活でも、普通に密集して会話する人を目撃することが出来ます*2
日常生活の行動への考察が無くなったり、だれたりしているのは日常でも同じです。


今は、そこここで、前より感染拡大へのリスクが上がっているのを感じます。
ここにデルタ株の感染力が重なったら、どのくらいになるかは良く分かりませんが、残念ながら、今のところ感染数を抑制できる状態ではないようですね。

*1:いるのです。今は「まん延防止等重点措置」ですが、普通に観光客はいます。さすがに人数は限定的ですが、次第に増えてきていますね。

*2:人数はさすがに少ないですが。

医療情報:新型コロナウイルス(COVID-19)関連情報、まとめ - 2020.03.22(04.01更新)

[1] 新型コロナウイルス感染症対策専門家会議「新型コロナウイルス感染症対策の状況分析・提言」(2020年3月19日)
https://www.mhlw.go.jp/content/10900000/000610566.pdf


[2] 2019-nCoVについてのメモとリンク
http://minato.sip21c.org/2019-nCoV-im3r.html

[3] 専門家会議の「クラスター対策」の解説 ――新型コロナウイルスに対処する最後の希望
https://note.com/kyoshimine/n/n6bf078a369f9

[4] 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)について。 No.8
https://note.com/prof_a_hill/n/nf20d5fdb61f0


[5] 新型コロナのオーバーシュート(感染者の爆発的増加)を起こさないために我々にできることは?
https://news.yahoo.co.jp/byline/kutsunasatoshi/20200322-00169120/


[6] [PDF]COVID-19への対策の概念 (わかりやすい概念の図)
https://www.jsph.jp/covid/files/gainen.pdf



※ 過去に H1N1-2009pdm で行ったように、今後、状況に応じて加筆、修正の予定。

映画「天気の子」観ました。

特にネタバレはありませんが、何を選択しますか? の問いかけがなかなか怖い映画でした。

なお、少しびっくりする人がカメオ出演してますが、と言う事は、今回の二人の選択の結果は、彼らにも及んだという事なのだろうか。
そこの部分は、ちょっと心配、かなあ。ちょっぴり...暗い映画でしたね。

、そして最大の敵は相手を理解しない事。

悪意でないのなら、 - luckdragon2009’s blog(日々のスケッチブック) の続きで、一応の結末。
人が幸せになる道があるとしたら、 - luckdragon2009’s blog(日々のスケッチブック) から始まった記事ですね。

色々と書きましたが、結局の処、一番大事なのは相手の状況を理解するかどうか、だと思う訳ですよ。

相手と出会い、共に歩むか、もしくはそれを選択しないのか。
酷い事には、出会いの中には、選択すべきではない選択肢を選ばされる状況も発生するので、意外にそれは困難な道にもなる。
後者の発生などはまさに「相手を理解しているかどうかが肝」なのですよね。

多分、既婚者の妙な接近などは、本人がちゃんと望んでいるのは何か、を見ずに、自分の望むものを相手に要求するから、そういう奇妙な遭遇になってしまう訳で*1*2

人生相談、特に恋愛事情の相談などは、相手と価値観と言うか、その時の望んでいるものが一致している、もしくはそれを理解できている人に対してでないと適切な回答は返ってこないよ、と言われます。
そうではない場合は、相手の押し付けたい価値観の回答が返ってくるだけで、自分が望んでいる解決への適切な手法が示されるわけではない*3

人と一緒に幸せになりたいのなら、ちゃんと自分を理解しようとする人、ちゃんと会話が成立する人を探していくしか、道は無いと思います。

私は普通の会話が出来る人を一番大事にします。それには、そんな理由もあるのです。
相手の言葉をちゃんと理解しようと努める事、私はその行為が一番好きですし、大事にしたいと思います。

*1:非婚者の求める異性、もしくは恋人の居ない誰かが求める隣人は、どう間違っても、自分は固定的な相手を持ちつつ、余剰なオプションとしての相手の座を用意される事ではないでしょう。でも、そうではないものを強いるというのは、相手の不利な立場を利用して、自分の都合の良い立場を押し付けている事に他ならない。ちなみに、これは既に書いた通り、男性の専売特許ではなく、女性も普通に行ってくる。勿論、行う人は限定されるが、私が遭遇するぐらいには普通に存在するらしい。

*2:相手に詰めてみると、本音が分かるので、本当は早目にそれをすべきなのだが、弱気な時はなかなか出来ない。多分、それが狙いなのでしょうけど。

*3:自分が困っている事情の答えが正しく返ってくるか、もしくは違う回答が返ってきたとしても、続きの会話で自分が求めている回答も返ってくる、というのが普通の会話です。それが返ってこないなら、相手は自分と同じ問題点への視点を共有していません。